痛い部分でどこのヘルニアかわかる!腰痛持ちの基礎知識

背骨のどこ部分で腰痛が起こるのか?
まずはこのあたりから知っておきましょう。

まず背骨で一番負担がかかる場所は第4腰椎と第5腰椎です。
ここが最もよく動きます。
ですので加齢とともにここに何らかの変化が現れるのです。
ここに腰椎分離症が起こっているのは全体の90%とも言われています。
代表的な物に
・腰椎椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
です。

また高齢の女性に多いのが
骨粗しょう症でこれは脊椎全体の強度が低下してしまいます。
これにより背骨の圧迫骨折が起こりやすくなるのです。
下位胸椎や上位胸椎
つまり胸椎から腰椎への移行部分に起こりやすいとされています。
腰椎の前弯カーブが胸椎の前弯カーブに移行するため、しりもちなどでその部位に何かの圧力がかかってしまった時に覇気を付けてください。

症状から背骨のどこの部位にヘルニアがあるのか?

意外と簡単い分かります。
腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の中身(これを髄核といいます)が飛ぼ出て、それが神経を圧迫して激痛を起こす腰痛です。
このヘルニアが飛ぼ出る位置や高さによって圧迫される神経が異なりあmす。
子出た原因で同じ椎間板ヘルニアでも腰痛の症状が異なるのです。
症状には
「痛み」
「しびれ」
「筋力低下」
があり
それからどの部補任ヘルニアがあるのか?
を見極められます。

一番ヘルニアが多く現れるのは「第5腰椎~仙椎の間」です。
ココにヘルニアがおいコルト現れる症状は「腰痛」
「坐骨神経痛」
などがあり
お尻や太ももの内側
ふくらはぎから足裏にしびれが現れます。
脛の筋肉が萎縮し、爪先立ちもできなくなってしまうこともあります。

次にヘルニアが起こりやすいのが
第3腰椎~第4用意対の愛で
です。
ここにヘルニアが起こると
「腰痛」
「太ももの前側」
「すね」
「足の親指」
にかけてしびれや痛み(大腿神経痛)が現れることが多くなります。
太ももの前側の筋肉が萎縮してしまい、膝を伸ばす筋力が低下することもあります。

このようにヘルニアが起こる場所によってもその症状も異なるのです。
マットレス 腰痛 治った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です