機械式腕時計だからこそ防水性能にも注目しよう

極めて精密な好悪増の機械式時計です。
それゆえに水は大敵です。
もし機械式時計内部に水が浸入してくると正しく動かなくなってしまいあmす。
そのため機械式腕時計でも書くメーカーはケースやリューズ、パキン、裏蓋などにお様々な工夫をして防水性能を高めています。
その防水性能にもいろいろ差があります。

①日常生活防水
一般的に30~50mと表示される歯にの防水性能。
30m防水とはいっても実際に30mまで潜水できるという訳ではありあm線。
具体的には小雨の中で傘をさして歩いたり
うっすらと汗をかく程度だと大丈夫
というレベルです。
シンプルな薄型ドレス系や複雑機後継モデルはこのタイプが多いです。

②10気圧防水
100m防水とされるタイプです。
フィッシングやボートなどのライトなマリンスポーツなどに対応しています。
でも水泳や海水浴など腕に大きな水圧がかかる状況には少し注意しなければなりあm線。
で座うb瀬内尾スポーツ性のバランbン酢が獲れたモデルに多く採用されています。

③20気圧防水
200m防止と
表示で、ダイビングやサーフィン、水泳などハードなマリンスポーツにも対応しています。
ここまで高い防水性能だとリューズや裏蓋などに高い気密性や防水性を確保するために出字込み式構造を採用していあmす。
またガラスやケースも肉厚で少し重量感があります。

④30気圧防水
300m防水と表示されているものですが、20気圧防水よりもさらに肉厚なガラスやケースを採用しています。
極めて屈強な設計にしていて特殊プロ用ダイバーズです。
ダイビング
ヨット
サーフィン
そんな中でもその中のプロたちに愛用されています。
ヘリウムガス・エスケープバルブなど装備することで飽和潜水にも対応可能なモデルもあります。

ただ、このよう防水性能を表示されていてもそれはあくまで新品集荷時のものであるということにも注意しておいてください。
部品の間猛威などで防水性能は年月とともに劣化していくものです。
ロレックス つけてないと止まる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です